CUSTOM – カスタムメイドクラブ

ご自分のスイングやプレースタイルに適したスペックでカスタムメイド!
さらなる飛距離やショットの安定性を可能にする1本に仕上げます。

こだわりのものづくりで、コアゴルファーのあいだでは大手メーカーを上回る支持を得ている地クラブメーカー。

ヘッドの機能の高さや精度の高さ、性能の美しさもさることながら、地クラブの大きなメリットが、自分に合ったスペックでカスタムメイドできることです。
自分のスイングや理想にクラブが近づけば、飛距離アップはもとよりパフォーマンスが大きく向上します。

一般的に販売されているメーカークラブは、幅広い層のゴルファーを対象として作られています。
そのため、限りあるスペックの中に適正な物が存在するとは限らないのです。
クラブ契約のないトップアマのあいだでは、その機能の高さからパーツ系メーカーの使用が飛躍的に増えています。

とはいえ、流行や評判の良いクラブを組み合わせても良い結果にはならず、かえって高額なパーツを無駄にしてしまいます。

Golfooでは、お客様の目的やゴルフに対する意識、姿勢などの方向性に合ったクラブ選びをサポートいたします。

現状の飛距離や球筋、悩みなどを伺い、お客様の好みにあったクラブをご提案いたします。

カスタムクラブは加工が命。
Golfooでは、パーツ選びから厳選して組み付けを行ない、クラブとゴルファーのパフォーマンスを大きく引き出します。

これまでのゴルフを大きく変えるカスタムクラブ。
まずはお悩みを私達にお知らせください。全力でお手伝いさせていただきます。

リンク:お申し込み・お問い合わせはこちら

工程

カスタムメイドの工程は、トッププロのクラブ開発実績で多くのプロから信頼された手法をそのまま取り入れています。

各パーツを組み立ててクラブを造るという作業は、作り手によって性能が天と地ほどに変わるものです。
最も大切なことは「素材を活かす」ということ。
設計意図に基づいて生産されたパーツの性能を、いかに活かしきるかが重要です。
場合によっては手を加え過ぎることで、性能を劣化させてしまうこともあるのです。

  • ヘッド選択

    お客様のご希望のスペックにマッチしたパーツを選定します。主な選定項目はヘッド重量ですが、沼沢雄二ゴルフ工房ではその外観にも非常にこだわります。出来る限りマスターモデルに近い形状を選定します。特に鋳造の量産品は僅かな形状の違いが目立ちます。

  • 組立パーツの選択

    シャフト・グリップの選定を行います。
    シャフトスパイン・重量・振動数等の数値を厳重にチェックします。全ては各パーツ(素材)を活かすための作業となります。

  • 各パーツの計測

    組立の前に各パーツ(ヘッド)(シャフト)(グリップ)の計測を行います。
    パーツには個体差があります。
    出来るだけそれぞれのお客様のご希望のスペックに合った数値のパーツを選出します。
    それにより組立の際のウエイト等の余分な調整量が減少します。

  • 仮組み計測

    全てのパーツを付けた(接着無)状態で数値を計測します。
    この段階で数値がお客様の御希望に沿うか否かを判断します。

    特にバランスが出ない場合を想定して若干長めの状態から計測を開始します。
    なぜなら、バランスを上げる場合はウエイト等の異物を加えるよりもシャフト長を伸ばした方がより各パーツの性能を引き出せることが多いからです。

  • 本組製作

    全ての数値の予測ができた段階で組立作業(接着)に入ります。
    素材の性能を活かすには、出来うる限り余分な異物混入を避けなければなりません。

    特に仕上がり、外観に関しては自信を持っています。
    いくら数値を合わせても仕上がりが良くなければ意味がありません。
    そこには美しさを追求する沼沢雄二氏の思いが込められています。

  • 完成品の計測

    全ての工程が終了しクリーニング後に完成クラブの計測を行います。

    【ウッドの場合】クラブ全長・総重量・バランス・振動数・リアルロフト・フェース角・ライ角
    【アイアンの場合】クラブ全長・総重量・バランス・振動数・リアルロフト・ライ角

  • ご納品

    完成品の計測データ表・当工房作成の保証書とともに組みあがったクラブをご納品させていただきます。
    美しさ・精密さを兼ね備えた当工房の技術を是非ともご堪能ください。

リンク:お申し込み・お問い合わせはこちら